<< 歴史が沈黙する山口の出会い | main | 久しぶりに出会いに大都会に来ました >>

山口で出会いがありおいしい生活を楽しむ


(秋代)
葛城のin園道と夕方
(小沢奈美)

これはカズキリじゃない

私はあなたに1ヶ月の紛争を与えます山口で出会い
(佐々木R戈)
口の端にはまだ甘さがあります
(河野美紀)山口で出会い

紛争はおいしいです。
「あさお」
あかあかあかややぎこ
書かれてねじれている山口で出会い
視線とダークブルー
ぶどうの木とピーナッツの夜でさえ
蜂蜜の生活

 

山口出会い
あなたを待っている種をまかれた人々
使用された鍼と露
地球の沈黙の中でとても静かなのだろうか山口で出会い
フェンスと金網の上に外国はありません
帰りの風が影を残す

季節の言葉は初秋の朝顔(朝顔/朝穂)
子供の季節の言葉は水牛の花、西洋アサガオ、アサガオ、イチゴ

朝顔は梅雨の終わりに咲き始めますが、秋の到来を告げる花とみなされています。夜明けに開き、正午に絞り出すため、日本の詩の中でinさのイメージとして使用されています。山口で出会い
奈良時代には、薬として大使に運ばれました。
江戸時代には、観賞用として積極的に栽培されていました。
旧暦の7月(新暦の8月下旬)に七夕周辺に咲くため、ブルフラワーとも呼ばれます。

朝日家画家二人で絵を描く
(正岡志貴)
バラバラに咲く朝顔山口で出会い
(野村敏郎)

| 山口 | 10:57 | comments(0) | - |
Comment










09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--